PARAPHRENIAN E-mail : sail@paraphrenian.jp
 








PARAPHRENIANについて スケジュール 写真 レース結果 関連リンク 掲示板 クルー募集 メンバー専用 HomePARAPHRENIANとは 〉 ヨットって?

ヨットって,,,?

ヨットとはどんなものでしょうか?私はこれまでヨットに乗っているというと「ヨットってこぐもの?」といった質問を受けたことがあり,ヨットがどんなものか大まかに説明します。私もそれほど詳しいわけではありませんので,間違いがありましたらご指摘お願いします。
   (E-mail : sail@paraphrenian.jp)

ヨットは漕ぐもの?

 いいえヨットは漕ぎません。ヨットは風の力のみで動きます。だから風がなくてレースが成立しないということもあります。ただ、岸につけるときなどのために補助の動力としてエンジンがついているヨットもあります。

泳げないとヨットには乗れない?

 ヨットには泳げなくても乗ることはできます。ヨットには大きく分けて船室があるもの(クルーザー)とないもの(ディンギー)があり、ディンギーでは転覆することがよくあるのですが、クルーザーではよほどの嵐でもこない限り転覆しません。ちなみにパラフレニアンはクルーザーで、サイト管理者もほとんど泳げないのにヨットに乗っています。

ヨット各部の名称

 ヨット各部の名称について簡単に紹介します。右の絵を参考にしてください.
  1. バウ(舳先)
  2. ハル(船の横っ側)
  3. スタン(船尾)
  4. マスト
  5. キール(重りと思ってください)
  6. ラダー(これで進む方向を決めることができます)

セールには大きな帆であるメインセール、風が来る方向(風上)に進むための補助となるジブセール、風が受ける方向(風下)に進むための補助となるスピネーカーセール(スピン) があります。


ヨットはどう動くのか?

 ヨットは風を受け、風の力を利用して走ることができます。物が風に押されて飛ばされるようにヨットも風を受けて走ります。このとき使う帆が先ほど紹介したスピネーカーセールです。
 また、ヨットはセールに前から風を流して揚力を発生させて走ることができます。これは飛行機と同じ原理です。けれど、揚力が発生した場合、前に進む力と,横に押される力の二つの力がかかってしまいます。これをいかに前に進む力に持っていくかが難しいようです。この方法を利用することで、ヨットは風が吹いてくる方向にも進むことができるのです。

参考ページ HomePARAPHRENIANとは 〉 ヨットって?

Copyright 2001 PARAPHRENIAN
All rights reserved.