PARAPHRENIAN E-mail : sail@paraphrenian.jp
 








PARAPHRENIANについて スケジュール 写真 レース結果 関連リンク 掲示板 クルー募集 メンバー専用 Homeレース結果 〉 全日本 40.7カップ その2

全日本 First 40.7カップ

その1はこちら

2日目(11月3日)

第3レース

軽風でのレースがスタートしました。
昨日からきているパラフレの観覧艇に
いいところを見せようと第3レーススタート。
第1マークからトップ回航、どうも朝1のレースはパラフレは
強いのかそのままトップのままでゴールしました。

第4レース

今回このレースはオーナーズヘルムの予定だったのですが、
風が徐々に上がってきて20ノットオーバー
ようやく僕のイメージした相模湾になってきました。
けれどオーナーズヘルムのレースとしては少し厳しいコンディションで
結局オーナーは一部舵を握ったものの全部をにぎることはできなかったようです。
そんななかパピヨンの伏見オーナーはすべてを握ったそうで
今回のオーナーズヘルム賞をいただいていました。
なんと景品はオーナーの体重分のワイン!
伏見オーナーは約60KGのワインを景品としてもって帰りました。

第5レース

いよいよ風は強くなり25ノットオーバー、あまり聞きたくなかったので
聞きませんでしたが30ノット超えてたときもあったのではないでしょうか?
その上波がすごい。
三河湾では25ノットオーバーでも比較的普通に練習していたのですが、
相模湾の25ノットオーバーはやっぱ違いました。
各艇トラブル続出のようで、
ダウンウィンドでは興奮の大ブローチング大会でした。
なかにはスピンを流した船、
3番ならぬ4番をあげてた船もあったほどの大荒れ振りでした。
そんな中パラフレはなんとかブローチングせずゴールしました。

第5レースは5レグの予定をレース中4レグに変更してのレース。
どうもひさしぶりの相模湾名物の大西という大風が吹いたようです。
シーボニアに帰る途中は30ノットオーバー
何回も波にさらわれてハイクアウトしながら流されていました。

さてパラフレはトラブルがなかったというとそうではありません。
メインハリヤードを切り、実はとても危険な状態でした。
新しいハリヤードと交換し明日のレースに備える。

3日目(11月4日)

早朝より大風でした。
昨日のレース委員会からの勧告によりまず7時30分にレース延期の知らせが来ました。
当然シーボニアのハーバー内でも時折30ノットちかくの大風でした。
どうやら11時30分まで延期が続いた場合にはノーレースになるようです。
刻々と時は進み8時30分、9時30分とレース延期の連絡。
と若干風がおさまり(!?)、ハーバー内で20ノットぐらいになりました。
10時30分には再びレース延期の知らせ。でもなんとかレースをしたい
レース委員会の気持ちも伝えられました。
これはないのかと思いきや最終の11時30分、ゴーサインがでました。
1レースでもやろうという考えのようです。

第6,7レース

レース海面につくとそこはいきなり修羅場。
30ノットの風と3Mほどの波が待ち構えていました。
もしものときにすぐに退避出来るようシーボニアのすぐ沖が
レース海面に選択されていました。
しかしパラフレは現在3番手ここで逆転せねばという思いと
やっぱレースはほかもスピンを上げてくるやろうし、
大変なスピンランになりそうやなと若干の心配の元
3番ジブをあげる。
かっとびすぎでなんとアビームで艇速13ノット!

レースは風が30ノットを超えたため中止になりました。
パラフレの荻須オーナーは、
「これ以上レースをやって船はよいが人の被害がでたら大変」
とさすがのオーナーぶりのコメントをしていました。
たしかにそのとおりです。

結局優勝はサマーガール
サマーガールの馬場オーナーは大変喜んでおり
クルーに対しての感謝の気持ちを淡々と語っていました。

大変有意義なレースで楽しかったです。

(サスケ)


Homeレース結果 〉 全日本 40.7カップ その2

Copyright 2002 PARAPHRENIAN
All rights reserved.